食い意地の張った猫(+犬)好きが、 かって気ままに書いている日記です。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005年12月11日 (日) | 編集 |
ちょっと暗い話になってしまいますが、
体調を崩していたピーちゃんが、
12月10日午前3時59分、
ピーちゃんが他界しました。

一時期は、この年齢とは思えないような回復具合で、
庭を歩き回っていましたが、
亡くなる3日ほど前から、何も食べられず、
水しか飲めない状態で、立つ事もできないくらい
弱ってしまい。
もう数日しか、生きられない状態なのは、
誰の目にも明らかでした。

いつもどこかで、出かけている間に、
一人で死んでしまうのではないかと、
心配をしていたのですが、
きちんと見取ることができたので、
それは幸せでした。

亡くなる直前、私を呼ぶように鳴いた声が、
今も耳に残っています。
そのときつけっぱなしになっていたテレビから、
シューベルトの子守歌が流れていました。
しばらくは、この曲を聴くたびに、
ピーちゃんを思い出してしまいそうです。

享年18歳と1ヶ月と25日。

ピーちゃん、今までいろいろ楽しませてくれて
本当にありがとう。
もう苦しくないから、ゆっくり眠ってね。
おやすみなさい。


スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
失礼します
かわもとです。お邪魔します。

ぴーちゃん、画像みただけですが
可愛らしい顔してますね(^^)
18年間一緒にすごしてきて
去ってしまうのはやはり身を切るような
寂しさでしょうね・・・。

ごめんなさい、きっともっと複雑な想いもあるのでしょうが・・・でもぴーちゃん幸せだったと思います。

実はチョコ(7歳・コーギー)が体調を崩してるので・・・あまり他人事とは思えず
書き込みしてしまいました・・・

最後の瞬間まで一緒にそばに居て
あげたいと自分も思ってます。

もちろん、チョコはまだ大丈夫!なのですが、時たまそういう時には・・・と考えてしまうっていうか(^^;)他の7歳の犬よりは体力なども無いし・・・病院の先生もとにかくゆっくり・のんびり余生を過ごすくらいの気持ちで、ということだったので・・・

ああ、暗い自己報告になってしまって・・・申し訳ないです(TT)

ぴーちゃんのご冥福をお祈りいたします・・・。

2005/12/12(Mon) 19:12 | URL  | かわもとなおやん #-[ 編集]
かわもとさん
ピーちゃんのこと、可愛いって言ってくださってありがとうございました。
ピーちゃんは、我が家にいろいろな思い出を残していってくれたので、淋しいって言う気持ちよりも、今は本当にありがとうって言う気持ちの方が強くなってきました。

チョコちゃん、体調を
崩されているのですね。
犬や、猫などの動物の場合、
人間と違って、
ああして欲しいとか、
こういう事をして欲しいとか、
痛いとか、辛いとか、
言ってくれないので、
人ができることなんて少ないって、
いつもそれを痛感させられるのですが、
彼らは、ただ大好きな飼い主が
そばにいるっていうことが、
一番の幸せって思っている・・・
のかもしれないですね。

最後の瞬間まで、一緒にいてあげようと
思っているかわもとさんが、
そばにいらっしゃるので、
チョコちゃんは幸せ者ですね。

実はうちにも、チョコという名前の猫が
いるのです。
この子は、メチャメチャ元気ですが・・・。

わけのわからない長い文章ですみません。
これからもよろしくお願いします。
また、遊びに行きますね。
2005/12/13(Tue) 11:35 | URL  | うたまる #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。